土地の価格

土地を買う時の価格は

1)坪単価×坪数
2)媒介手数料
3)水道負担金
4)固定資産税

で決まります。

 
最初に確認するのが「1)坪単価×坪数」ですよね。

広告や不動産で見るのはこの価格。
 
 
土地を仲介して買う場合は「2)媒介手数料」が必要になります。

計算方法ですが

 土地価格×3.15%+63,000円

です。

土地が1000万の場合:378,000円 w(゚ロ゚;w
土地が2000万の場合:683,000円 w(゚ロ゚;w

地味に効く手数料です。

私の場合、仲介ではなく売り主から買うことが出来たため、

この媒介手数料なしですみました♪

 
生活に必要な水を使用するためには、「3)水道負担金」が支払わなくてはいけません。

この金額は住んでいる人数で割るので都市部の方が安いようです。

松本では
 旧松本市:m2あたり130円~490円
 旧四賀村:370,000円
 旧梓川村:420,000円 + m2あたり270円
 旧波田町:200,000円 + m2あたり340円
※松本市公式HP「受益者負担金及び分担金とは

上記のようになっていて、旧松本市とそれ以外では全然料金が違います。

四賀・梓川・波田は坪単価は安いのですが、この水道負担金がバカにならないですね。

 
最後に税金の「4)固定資産税」。

取得した年も払う必要があります。1月なら全負担、6月なら半分負担。

契約した時の支払い料金にこの料金も含まれてきます。




  
なかなか売れずに残ってる土地であれば値段交渉も可能かもしれません。

固定資産税分や水道負担金分を割引とか。

うまく話をつければ100万以上ってこともあるようです。

 
私の場合は、増税するよ!の発表後だったため

土地探しをする人が増えて不動産屋はどこも強気。

表示価格のままの販売するくらいでした。

 
もうちょっと早く決めていれば、安く出来たかもしれないと思うと悔しくもありますが、

納得して決めた土地ですので、今思えば値段に変えられないものがありますね。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
1日応援1クリックお願いします!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA