生ゴミ処理機はパナソニックに決まり

週2回のゴミの日。一番厄介なのが生ゴミ。1人くらいの時はそれほど量は無かったけど、流石に家族単位になってくるとそれなりの量が出ますよね。そして匂いも。

この匂いが夏場だとヤバイわけです。
 
 

これまでの生ごみの処理方法

これまでの我が家の生ゴミ処理ですが

①シンクスペースに一時的な生ゴミ置き場に溜める
3角コーナー用ではなくて、上に置くタイプ
小さなビニール袋をセットしてその中に入れます

②1日分を寝る前に生ゴミ用のゴミ箱に移す

③ゴミの日に外で1つのゴミ袋に移すしてゴミ出し
 
 
 
問題なのは②です。

初日はいいのですが、2日目以降にゴミを入れようと蓋を開けた時にキッチンに広がる匂い・・・これが嫌なんです。不快。

外にゴミ箱を用意して毎夜処理すればいいんだけど、それはそれで面倒ですよね。雨の日とかもあるし。
 
 

生ゴミ処理機 比較

解決策は「生ゴミ処理機」を買おう!です。前々から気にはなっていたんですが、生ゴミを乾燥させて量を減らし、匂いも軽減させるという商品。その上有機肥料にもなるしね。

何社か出て入るんですが、ほぼ2択。
パナソニックか島産業のパリパリキューブ。
 
 
どこに設置するかも考えなくてはいけないので現物を店舗で確認しにいきました。パンフレットももらってきて、比較しながら検討しました!

 MS-N53
パナソニック
パリパリキューブ
島産業
イメージ


価格楽天:58,000円〜
amazon:56,000円〜
(価格の上下変動はげしい)

楽天:21,300円〜
amazon:21,300円〜

サイズ幅26.8cm
奥行36.5cm
高さ55.0cm
直径21.5cm
高さ28.3cm
重さ12.0kg2.1kg
処理方式温風乾燥式温風乾燥式
最大処理量約2kg(6L)/回
約8kg(24L)/日
標準モード
 500g/回(約1.3L)
多めモード
 700g/回(約2.0L)
処理時間標準モード
 約1時間40分
ソフト乾燥モード
 約2時間10分
標準モード
 約6時間
多めモード
 約9時間
電気代※約400g
標準モード
 約16円
ソフト乾燥モード
 約19円
約18円(税込)
メリット・生ごみの追加投入可能
⇒1回1回取り出さなくて良い。
 まとめて捨てられるのは便利
・処理時間が短い
・タイマー付き
⇒寝る前にセットすれば
 夜間電力で動かせる
・外の設置可能
⇒家の中に置く前提だけど、
 外でも使えるのは良いかも
・口コミが多くて評価も高い
・何を入れても良い
⇒分別に気を使わなくていい
・サイズが小さい
⇒シンク近くに設置可能
 省スペースで場所取らない
 

シンク横に置けるなら手軽なサイズのパリパリキューブがいいかなと思っていたのですが、実物を見ると意外に大きい。。。思ったより存在感あるし、場所取るよね。。。というのが第一印象。

一方のパナソニック。候補はMS-N53-Sなんですが、デカイ!
抜群の存在感ですw

楽天でもamazonでも口コミ数も多いですし、高評価商品です。お値段も5万以上ですしね。
 
 

パナソニック MS-N53-S に決定

話し合いの結果パナソニックに決定
理由としては
 
 
①シンク周りに物が増えるのは嫌
②場所はとるけど評価がいいものがいい
③高いけど半額補助あるじゃん
④子供たちの成長を考えると、処理できる容量は大きいほうがいい
 
 
なんだかんだ③が大きいですね〜。
これにしよう、はい5万ってなかなか厳しいじゃないですかw

半額で3万弱くらいに収まるなら、いい物を買ったという物欲も満たせるわけだし。
 
 
購入先は楽天です。

価格はamazonの方が安かったのですが、ポイント還元分を考えると楽天の方がお得になるので、楽天にしました。
 
 
実際にどれくらいの効果があるかはまた書いていきます。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
1日応援1クリックお願いします!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA