間取り 吹き抜け

間取りを考える時に、私たちの場合は「吹き抜け」が欲しい!というタイプでした。

で完成したのは「13畳」の吹き抜けです!!

自分で言うのもなんですが、ここまでの大きさは友人宅や展示会とかでも見たことないですw

 
吹き抜けを贅沢な空間ととらえるか、無駄な空間ととらえるかは人それぞれですが、かなり気に入っています。

 
太陽光を15kw載せるために屋根のタイプを片流れにして、家の高さもなるべく低めに設計してます。すると2階として使える高さをキープできるのがそもそも半分くらいしかないんですね。

リビングダイニングは開放的にしたい!!って思っていたので、じゃー思い切って全部吹き抜けにしてしまえって感じで決まりましたw
 
 
耐震用にいれた梁もいい感じです。
  

2階部分ですが、吹き抜け部分は柵しかありません。部屋というかロフトみたいなイメージでしょうか。2階の1部屋も含めて大空間に仕上がっています。

IMG_20140409_100142
ダイニングから見た2階
 
 

間取りのプロに意見を聞くのも1つの手
 
  
出来上がってから思う吹き抜けのメリットとデメリットをまとめてみました。 
メリット
・玄関からリビングに入った瞬間の開放感がたまらない。
・余裕のある空間が気持ちにも余裕を産んでいる(思い込みw)

デメリット
・温度調整が難しい

 
難しいのは温度調整です。特に冬。

松本という土地柄、夏は昼間の暑い時にクーラーがあればなんとかなるレベルですが、冬の寒さは半端ないです。1日中氷点下なんて日もあります。

12月になって、暖吉くんとエアコンをうまく使って温度調整していますが、あったかい空気は上にいくので、1階と2階のどちらも快適な温度にするというのは難しいですね。1階が寒くて仕方が無いって訳ではないし、当初からそうなるだろうとは予想していた内容なので許容範囲内ではあります。

 
というわけで、やっぱり抜き抜けは「気持ち的満足」が全てですねw
[間取り] ブログ村キーワード

 

にほんブログ村 住まいブログへ
1日応援1クリックお願いします!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA