お風呂 浴室乾燥器

必要かどうか分からずにつけることを決めたものに「浴室乾燥機」があります。

目的は
 「梅雨の時期に、外で干せない日が続いた場合の対策」
です。

しかし使用頻度はそこまで高くはないですね。
 
 
ビルドインの浴室暖房機

 
というのは「吹き抜け」のおかげなんです。

梅雨時期だけでなく雨の日は吹き抜けた先の2階が干し場になっています。
 
 
13畳の吹き抜け!

 
後は洗濯物に向かって扇風機かサーキュレータをセットしておけばだいたい乾きます♪
 
空気循環のためにもサーキュレータがおすすめ。もちろん首振り機能付きね。

 
 

浴室乾燥機 暖房機能

新築の家とは言え、冬の浴室はやはり寒い。(賃貸の時は外と同じくらい寒かったのでかなりマシにはなってるけど・・・)

そこで威力を発揮するのがこの浴室乾燥機の『暖房』です。
 
 
「暖房』ボタンは一番左

 
 
お風呂を入れ始めるのと同時に暖房スイッチを入れておくと、寒い!!って思うこともなくお風呂に入れる。体洗って頭洗ってから湯船に浸かるで問題なし。

浴室自体があたたまると湯船も冷め温くて一石二鳥。

乾燥機機能よりも暖房を重宝しています。
 
 

浴室乾燥機 電気代

浴室乾燥機の電気代は高めのようですね。我が家ではあまり使ってないのでなんとも言えないのと、もっと金食い虫の蓄熱暖房機の暖吉くんがあるのでそこまでストレスを感じていません。

毎日のように使うようになれば毎月の電気代にも影響があるのは間違いないですね。
 
 

浴室乾燥機は必要か?

我が家での使用回数は数回ですが、やはりあると便利です。

後から取り付けるのは簡単なものではないので、10万弱くらいのUpですが最初からつけておくべきですね。

 
 
 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
1日応援1クリックお願いします!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA