バスマット干し

洗面台で意外と困るのはタオル類の干し場所です。

以下の3つはあらかじめ考えておくと、住んでから「どーしよう・・・」となりません。
 
 ・手ふきタオル
 ・バスタオル 
 ・バスマット

この中でもバスマットは忘れがち。

濡れたまま置いておけば、吸い込んだ水分が蒸発せずに残ったままになるので不衛生なのはもちろん、カビの原因にも成りかねません。

 
家によっては、干したりしないとこもあるみたい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
 
 
 
 
幸い両家ともバスマットを洗う・干す習慣があったので

どこに干すかだけ考えました。

バスタオルの干し場所については、こんな感じにしてます。
 ⇒ タオルハンガー おしゃれ の記事
 

バスマットは洗濯機に干す

バスマットはバスタオルのように壁付けにせずに

洗濯機に付けるタイプにしました。

IMG_20150206_054013

強力マグネットタイプでピッタリ固定。

伸縮するので、よほど大型じゃない限りは干す事が可能。

 
IMG_20150206_054024
洗濯機幅で伸ばしたところ
 
 
バーは2連あるのですが、バスマットは厚みがある分

重ねて干すにはくっつき気味になってしまって不向きです。

 
我が家では、この2連に1枚のバスマットを干しています。

真ん中に空間出来るので、より乾き易いはず!です。

IMG_20150206_054052
バスマット干したところ

IMG_20150206_054100
横から見たところ 
 
 
1枚しか干さなければ重さで落ちるということは今までありません。

3歳の力でもとれるので、とれる事がバレるとおもちゃになってしまうのがやっかいくらいかな(笑)
 

最安はどこか

送料考えるとアマゾンが最安でした。
値段安いし、思った以上に使えた品なのでおすすめです。

マグネット付伸縮タオル掛け

新品価格
¥1,300から
(2015/2/6 05:28時点)

大木製作所の製品全般が気に入りそうですw

 

にほんブログ村 住まいブログへ
1日応援1クリックお願いします!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA