蓄熱暖房機 メリットデメリット

家に設置する暖房を何にするか、悩みますよね。

エアコン?蓄熱暖房?床暖?ファンヒーター?ガス??

我が家は蓄熱暖房の「暖吉くん」を最終的に選びました。

蓄熱暖房機のメリット

蓄熱暖房機のメリットは

夜間の安い電気だけで暖をとる
輻射暖房で部屋内に温度差が出来にくい
空気が汚れない

というところですね。

 
電気代の高い昼間は一切使わず、溜め込んだ熱で暖かさを手に入れるわけです。

電気で暖めるので空気は汚れません。

エアコンの風が気になる人は、輻射暖房のようなじんわり暖かい系の方がおすすめですね。

 
エアコンも十分に省エネになってきましたが、私はエアコンの風が好きではなかった、のと床暖より安かったので蓄熱暖房を選択しています。

 

蓄熱暖房機のデメリット

蓄熱暖房機のデメリットは

温度調整が難しい
安い夜間電力でもそれなりに高い電気代
高機密高断熱の家でなければ意味なし

ですね。
 

日々気温は違いますから、設定を間違えると暑かったり寒かったりします。

暑くても放射熱を止めれないので、窓を開けるとかするしかないですw

蓄熱が足りなくて寒くなっても、夜間の特熱が始まるまで我慢するか

高い電気料金時間帯に手動で蓄熱するか、の2択しかありません。
 
 
快適になるようにうまく調整する必要があるのがちょっと面倒でもあります。

初年度は失敗する事もあるとは思うけど、経験するしかないですねw
 
 
そして夜間電力がいくら安いとは言え、電気代は目に見えて上がります。

さらにリスクとして、いつ夜間電力が値上がりするか分かりません。

夜間電力値上がったら意味ないジャーンってやつです。

 
暖房の応力に即効性がないので、高機密高断熱仕様で作られた家でないと効果ないです。家の外に熱が漏れる方が早ければ寒いまま。

蓄熱暖房は高機密高断熱とセットでなければなりませんので注意です。
[蓄熱暖房機] ブログ村キーワード

 

にほんブログ村 住まいブログへ
1日応援1クリックお願いします!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA