テレビの保護パネルはレクアガードがおすすめ

テレビの買い換えに伴い保護パネルも新調しました!
もともとレクアガードユーザーなので、今回も迷いなく「レクアガード」に決めました。
 

▲通販で購入。パネルの大きさのダンボールで届きます
 
小さい子がいる家ならテレビに保護カバー、保護パネルは必須ですね。
今回カバーもろとも液晶を割られたので、カバーがあれば大丈夫ではないことがわかりましたが、それでも必要なことには変わりありません。
 
カバーを選ぶときのポイントは以下の2点
・透過率
・反射防止有無
  
50インチで保護パネルを探すと10,000〜15,000円位が多いのですが、
だいたい透過率が90〜93%
これでも十分だろうけど、レクアガードは更にその上をいきます。
 
レクアガードの透過率はなんと97%!
 
 
その上光沢防止コーティング有りなので
グレアみたいに光を反射せず、ノングレアのような白ボケ感もない。
最も保護パネルがないままに近い状態。
 
値段は50型だと20,000円超えるので、少々高価ではありますが品質が伴っています。
レクアガードレベルでお手頃なパネル、カバーを探したのですが見つからず、
結局はレクアガードに勝る物無しとなりました。
 
 
15万以上のテレビを買うなら、保護パネルもいいものに・・・必然的になってしまいますね。

レクアガード 口コミ

楽天、Amazon、Yahooショッピングの口コミでどこでも高評価です。
流石に他製品と比べてレビューする人はいないのですが、ハズレではない商品ですね。

また、ヤマダ電機とかコジマ電気、ケーズ電気など大手でも取り扱いがある商品なので、粗悪品ではないことは分かるかなと。

長く使うことになるものにこそ良いものを使うのが良いですねー。

ニデック レクアガード

レクアガードはニデックという会社が作っています。
主な製品分野は
・検診機器
・産業用検査機器
・眼科医療機器
・眼鏡機器
・コーティング
となっていて、医療に関する製品が主力となっています。
そんな会社の保護パネルではあれば安心感もある。
 
 

レクアガード 改良点

2代目となったレクアガードですが、進化していました。
1代目は上部に引っ掛ける箇所が2箇所で、隙間がありました。
 

▲旧型は両側に1箇所ずつ引っ掛ける
 
今回届いたのを確認すると、上部全てで引っ掛けれるようになっていて隙間が有りません。
つまりがホコリが入りにくくなってるということです!
地味にうれしい!!
 

▲新型は上部全面(黒部分)で引っ掛けるので上からのホコリが入らない


▲あとは両面テープが小さくなってました。旧型の1枚分で4箇所分
 
液晶テレビの進化とともに余白がどんどんなくなっているので、その影響でしょうね。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
1日応援1クリックお願いします!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA